Ritz-Carton Tokyo

*

2013年10月26日~27日、東京・六本木のリッツカールトン東京45階「アジュール45」でスペシャルディナーが開催されました。
様々なジャンルのシェフが集い創り上げたディナーテーマは「日本」。
アミューズからデザートまでに日本食というフィルターを通した今宵限りの各シェフの独創性溢れる作品が堪能できるイベントとなりました。

続きを見る »

第3回 世界料理学会 in 函館

*

2012年4月23日~24日、三回目となった「世界料理学会」が函館で開催されました。文字通り、料理関係者はもちろんですが、一般の方々も視聴参加できる調理技術・料理哲学の発表の場となりました。
世界料理学会はエルブリのフェラン・アドリアをはじめとした、新進気鋭のシェフ達が募りスペイン・サンセバスチャンから世界中に広がったように思います。このような学会を通してガストロノミーの世界は幅広く、奥深くまで進化してきたのです。
この学会の開催にはレストランバスクの深谷シェフを筆頭に、地元のシェフ、料理関係者など多くの皆様のおかげで盛大な事となりました。北海道・函館の皆様に感謝申し上げます。

続きを見る »

Pennsylvania Villanova

*

2009年7月5日、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ヴィラノヴァに降り立ちました。湿度が少なく、カラッとした晴れた今年の天気は最高です。以前訪れた映画「ナショナルトレジャー」や「シックスセンス」でもなじみのあるフィラデルフィアから車で20分程のメインラインにあるヴィラノヴァは、中央に広大なキャンパスを持つ「Villanova University」、周りは高級住宅地が囲む緑多い閑静な町です。Winn Signature Restaurant Groupの新店「Restaurant Azie au Main」のデザート製作とデモンストレーションの為に訪れました。7月17日オープン予定のこのお店は客席250席の広々とした空間に、アジア料理をコンセプトとした日本人シェフ飯沼隆雄氏の感性を全面に打ち出したレストランです。

続きを見る »

Demonstration in Philadelphia

*

2009年7月5日、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ヴィラノヴァに降り立ちました。湿度が少なく、カラッとした晴れた今年の天気は最高です。以前訪れた映画「ナショナルトレジャー」や「シックスセンス」でもなじみのあるフィラデルフィアから車で20分程のメインラインにあるヴィラノヴァは、中央に広大なキャンパスを持つ「Villanova University」、周りは高級住宅地が囲む緑多い閑静な町です。Winn Signature Restaurant Groupの新店「Restaurant Azie au Main」のデザート製作とデモンストレーションの為に訪れました。7月17日オープン予定のこのお店は客席250席の広々とした空間に、アジア料理をコンセプトとした日本人シェフ飯沼隆雄氏の感性を全面に打ち出したレストランです。

続きを見る »

Tronto

*

Grand cru 2008 Culinary wine festivalというワイン&フードのイベントがカナダ・オンタリオ州トロントで開催されました。このイベントは毎年行われている催しで、様々なワインメーカーとシェフを招聘してワイン各種と料理を楽しむビッグイベントの様です。今年は19か所の主に個人宅を開催場所としてワインの蔵元を交えて着席フルコースを楽しむ内容でした。前々日にトロント入りしたのですが、その日は最高気温が8℃と秋田よりもかなり肌寒く感じました。

続きを見る »

Hampton

*

マンハッタンから車で約3時間程度の東にあるハンプトンで行われたチャリティーイベントです。N.Yで写真でお菓子の撮影があった為、撮影の空き日を利用して冨田氏とともにハンプトン入りしたのですが、行く機会などそうそうあるわけではないので、どんな所か楽しみでした。N.Yにある水上飛行機で会場まで約160kmの空旅から始まりました。スカイポートマリーナで待つ私達一向の前に現れた8人乗りの水上飛行機。何やらパパラッチが現れ始めたので何事かと思いきや、飛行機から現れたのはアメリカの若手女優Laure Conradで、偶然にも握手し写真まで一緒にとってくれたのでした。バタバタと乗り込みいざノースハンプトンへ。

続きを見る »

Photograph in N.Y

*

Cago社の器カタログの撮影をN.Yで行いました。ダウンジャケット必須の寒い時期、撮影が順調に進んでなによりでした。日本から同行のCagoの石渡さん、山田さん、日栄の須藤さんおつかれさまでした。撮影場所を提供していただいたNobuオーナー松久シェフ、ありがとうございました。

続きを見る »